1. ホーム
  2. 食欲抑制剤成分・働き
  3. ≫食欲抑制剤以外のダイエットサプリの働きと成分について

食欲抑制剤以外のダイエットサプリの働きと成分について

食欲抑制剤は、医師の処方がないと手に入れることが出来ない。

個人輸入は出来るけれど、偽物なども多く出回っているみたいだし、どうやって選んだらいいのか分からない。
こういった方には、食欲抑制サプリメントから始めるのがオススメです。

その効果や主に使われている成分などをここでは紹介しましょう。

 

ダイエットサプリにはさまざまなアプローチがある

食欲抑制剤やサプリメントは、ダイエットサプリというカテゴリーにカテゴライズされます。

ダイエットサプリメントには、本当にさまざまな種類があり、アプローチが違っています。

食欲抑制剤は、文字通り、食欲を抑制するもの。
つまり食べたいなと思わせないことが出来ます。

他にもなど便通をよくして、便秘を解消したり、利尿作用などを利用して、ダイエットに導くもの。

脂肪燃焼などを促進させて、脂肪を燃焼させて痩せるといったもの。

食べても太る栄養成分を吸収させず、そのまま便として出してしまうものなどがあります。

 

食欲抑制効果を出す成分は?

前述にある通り、ダイエットサプリには、さまざまなアプローチをするものが存在します。

その中で食欲抑制剤は、食欲をなくしてくれることで、食べる必要がなくなり、体重を落とすといったメカニズムになります。

食欲を抑える成分もさまざまあり、カフェインカプサイシン酵母トリプトファンなどが有名です。

これらの成分が含まれている食品や飲料は、ご飯の代わりに摂取するといったダイエットである置き換えダイエットの対象食品として選ばれていることが多いです。

食欲抑制剤を使用するのが、抵抗があるのであれば、こういった成分を覚えておき、摂取をしてみて効果を実感すること。

他にも偽物を掴まないために、これらの成分が入っているのかをチェックするようにしましょう。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。