1. ホーム
  2. 食欲抑制剤に関して
  3. ≫食欲抑制剤を使えばストレスなく食事制限ができる?

食欲抑制剤を使えばストレスなく食事制限ができる?

食欲抑制剤は、食べたいという気持ちを押さえてくれる薬です。
食べないなんて意思が強ければ、簡単に出来るだろうと思われがちですが、本当にそうでしょうか?

食べるという行動は、単純に栄養を摂取し、生きるためだけのものではなく、美味しいものを食べることで幸福感を感じたり、ストレスが解消されたりといったさまざまな効果があるのです。

だからこそ、食べないという選択をすることは、なかなかに難しいものなのです。

 

ストレスを感じず食事制限ができる

食事を我慢することは、はっきりいって高いレベルのストレスを感じます。

ストレスはダイエットにとっては大敵。
他にも体に悪影響を与えます。

ただでさえ、栄養不足の状態ですから、そこにストレスが加わると、さまざまな変調をきたす可能性が高くなるのです。

ダイエットをするなら、やっぱりストレスを感じることなく行うことが重要であり、食事制限が必要なのであれば、やはり食欲抑制剤を使用することは間違いではありません。

甘えだという方もいますが、その人にとっての食事の重要性がどのくらい高いものなのかは、誰にも共有することが出来ないのです。

 

ストレスを感じて食事制限をするリスク

ストレスを感じた状態で食事制限をした場合には、リバウンドのリスクがつきまとうことになります。

前述にもある通り、人間の三大欲求の1つであるため、これを我慢して食べないという選択をすることは、非常に高いレベルのストレスになってしまうのです。

ただし、だからといって、食欲抑制剤を常時飲み続けて、食事を一切口にしないといった無茶な食事制限はやめましょう。

それをきっかけにして食事内容などを見直し、栄養バランスの取れた低カロリーの食事に変えるなどしていきましょう。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。