1. ホーム
  2. 食欲抑制剤成分・働き
  3. ≫食欲抑制剤に使われているカフェインにはどんな働きがあるの?

食欲抑制剤に使われているカフェインにはどんな働きがあるの?

食欲をなくすというのは、とっても難しいもの。
そこで役立つのが食欲抑制剤やサプリメントです。

この恩恵に預かり、ダイエットをしている方もいらっしゃいますが、サプリメントタイプではなく、医薬品の場合には、BMIが35以上など、条件を満たしていないと処方されることはありません。

食欲抑制剤の中に含まれている代表的な成分には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここではそれを紹介します。

 

代表的な食欲抑制成分

通常体重や数値だけれど、もうちょっとダイエットをしてキレイになりたい。
こういった方なら、食欲抑制剤を医師の処方の下、手に入れることは出来ません。

個人輸入で手に入れるしか方法がないのですが、基本的な情報は押さえておくべきです。

代表的な食欲抑制成分としては、カフェイン、そしてギムネマシルベスタといった中枢神経を刺激してくれる成分。

他にもナチュラルな満腹感を得られるカプサイシン
最後に糖分や脂質といったものを分解してくれるような成分である酵母菌が代表的なものです。

 

手近に簡単に入るカフェインを利用する

コーヒーや紅茶、緑茶といった飲料に含まれることで知られているカフェインは、もっとも手近で簡単に手に入れることができる食欲抑制成分とは言えないでしょうか。

脳の中枢神経を刺激して、ノルアドレナリンに影響を与え、ストレスの緩和をしてくれます。

ストレス緩和がされると、暴飲暴食を起こすことがなくなりますから、食べる量をコントロールできるどころか、食べることすらも忘れてしまう状態まで持っていくことが出来るのです。

カフェインが配合された食欲抑制剤やサプリメントは沢山に存在していますから、商品を選ぶ際の参考にすると良いでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。